「MB(清水千広)の違法性」の版間の差分

提供: MB Shimizu's Wiki!
ナビゲーションに移動 検索に移動
(ページの作成:「MB(清水千広)の違法性 ・ギルダン高額転売 ・ダイナイトソール ・リバースウィーブ ・不正競争防止法及び景表法違反、…」)
 
13行目: 13行目:
  
 
→MBがセレクトしまとめが運営する古着ECサイトにて新品1,000円以下のギルダンの無地Tシャツを「ネオンカラーカットソー」として6,000円で販売。
 
→MBがセレクトしまとめが運営する古着ECサイトにて新品1,000円以下のギルダンの無地Tシャツを「ネオンカラーカットソー」として6,000円で販売。
 +
  
 
・ダイナイトソール って?
 
・ダイナイトソール って?
19行目: 20行目:
 
2018年販売のMBとDetailsのコラボアイテム(通称MBブーツ)の宣伝文句としてダイナイトソールと謳ったが、実際にダイナイトの刻印はなく(当然ハルボロラバー社の刻印もなし)、意匠権・商標権の侵害では?という問題。
 
2018年販売のMBとDetailsのコラボアイテム(通称MBブーツ)の宣伝文句としてダイナイトソールと謳ったが、実際にダイナイトの刻印はなく(当然ハルボロラバー社の刻印もなし)、意匠権・商標権の侵害では?という問題。
 
余談としてMBブーツは購入後一ヶ月で穴が空き、ヒールがすり減ったという購入者レビューが話題となった。
 
余談としてMBブーツは購入後一ヶ月で穴が空き、ヒールがすり減ったという購入者レビューが話題となった。
 +
  
 
・リバースウィーブって?
 
・リバースウィーブって?
25行目: 27行目:
 
2020年のMBハイエンドスウェットの紹介にて無断で「リバースウィーブ」を宣伝文句に用いたことにより業界内外から批判が殺到し紹介動画を非公開、紹介記事から「リバースウィーブ」を削除した。
 
2020年のMBハイエンドスウェットの紹介にて無断で「リバースウィーブ」を宣伝文句に用いたことにより業界内外から批判が殺到し紹介動画を非公開、紹介記事から「リバースウィーブ」を削除した。
 
なお動画非公開、記事訂正の説明などは一切ない。
 
なお動画非公開、記事訂正の説明などは一切ない。
 +
  
 
・景表法違反って?
 
・景表法違反って?

2020年8月23日 (日) 18:33時点における版

MB(清水千広)の違法性

・ギルダン高額転売

・ダイナイトソール

・リバースウィーブ

・不正競争防止法及び景表法違反、商標権侵害


・ギルダン高額転売 って?

→MBがセレクトしまとめが運営する古着ECサイトにて新品1,000円以下のギルダンの無地Tシャツを「ネオンカラーカットソー」として6,000円で販売。


・ダイナイトソール って?

ダイナイトソールは円形の凹凸状の滑り止めが特徴的な革靴のラバーソールの一種。 2018年販売のMBとDetailsのコラボアイテム(通称MBブーツ)の宣伝文句としてダイナイトソールと謳ったが、実際にダイナイトの刻印はなく(当然ハルボロラバー社の刻印もなし)、意匠権・商標権の侵害では?という問題。 余談としてMBブーツは購入後一ヶ月で穴が空き、ヒールがすり減ったという購入者レビューが話題となった。


・リバースウィーブって?

リバースウィーブはチャンピオンブランドのみに使われる登録商標のこと。(商標権は親会社のヘインズ社が持つ) 2020年のMBハイエンドスウェットの紹介にて無断で「リバースウィーブ」を宣伝文句に用いたことにより業界内外から批判が殺到し紹介動画を非公開、紹介記事から「リバースウィーブ」を削除した。 なお動画非公開、記事訂正の説明などは一切ない。


・景表法違反って?

MBが所属する株式会社未完が運営するECサイトにてMBが開発に関わった靴の消臭剤のオマケに4000円相当のTシャツが付くと謳った。 景表法の総付景品(オマケ)は商品の20%以下と定められている。 指摘を受け該当ページを修正したが謝罪や説明などは一切ない。